読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

洋食レボ (大阪・天下茶屋)

ここの煮込みハンバーグが食べたいと思っていたのですが、
なかなか行く機会に恵まれず、初めて行く事が出来ました。

情報誌でのこの店の露出度は最近多く、
京阪神で人気の食雑誌「Meets」の肉特集に掲載されたり
人気のカリスマ食プロガー「Mのランチ」のNo1に
選ばれたりと「黒毛和牛と国産豚の専門店」として
目にする機会が増えています。

今回は評判の黒毛和牛と鹿児島豚の
煮込みハンバーグ(チーズトッ ピング)と
元祖という「塩とんかつ」を注文しました。

ハンバーグはデミソースで煮込まれとろける感じを期待していたのですが
現実はそれ程でも無かったです。

でも固いわけではなく普通に柔らかくはありました。
ただ素材の良さが肉汁にでているデミグラスソースは絶品で
たっぷりのソースと食べるハンバーグは美味しかったです。

普通これほどデミグラスソースがたっぷりだとクドいのですが
それが全くありませんでした。

見た目もよく人気があるのがよくわかります。

ランチタイムはこの煮込みハンバーグに
ライス・サラダ・スープがついて 1000円
今回は+100でチーズトッピングにしてもらいました。


元祖「塩トンカツ」は厚みがあるのに柔らかくサイズもビッグ! 

国産豚使用でこのサイズ・厚みで980円はかなりお得です。

塩トンカツというので塩が凄く効いてるのかと思っていましたが
そんな感じは全く無かったのです。
逆に豚の甘みを出すために塩を焼く前に擦り込んでいるそうです。

ソースで食べるとソースの味になってしまいがちなトンカツですが
素材のいいトンカツは塩で食べるというのがとんかつ屋での基本。

国産豚という素材を生かした自信の商品なので
その感覚でのネーミングなのかと思います。

食べてみるとネーミング的にも
ストレートで判り易い面白い商品でした。

次また食べたいメニューが沢山ありました。


夜にもの凄く期待感のある店です。
この期待感がリーズナブルな昼の行列へと
繋がるのです。