読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

自然食ビュッフェレストラン ひな野(大阪:堺)

自然食ビュッフェレストランが最近増えてます。

今回行った「ひな野」も全国展開しているチェーン店。
野菜が中心のビュッフェです。

↓今月は鍋がメインのメニューでした。

ディナー
大人\2100
子供\1050
4歳〜小学生未満¥525
4歳未満¥0
※ランチはこれより安価なので特に人気です。

味は特別美味しいという訳ではないのですがそれなりです。
とにかく野菜中心に種類豊富に提供するのがこの店のビッフェ。

幅広い年齢層に受けているようで三世代の構成で
来店しているグループが多かったです。

週末の外食の主導権を握る女性に受けているため
郊外店にはこの時勢では必須のコンセプトレストランだと思います。

色んな食材を使用した野菜中心の料理が並んでいます。

個人的な感想ですが最初は楽しく取りにいきますがだんだん取りにいくのが面倒になってきます。

面白かったのはその気分を察知してか 「にぎり寿司あがりました」との声!
しばらく経つと「ローストポークあがりました!」
「旬の海鮮天ぷら あがりました!」など15分〜30分位置きに
お客の気分をそそる特別メニューの声があがります。

飽きさせない取り組みの一環ですが腰の重い年配者もその声には
反応して取りに行かれていました。

↓料理はそれなりでしたがデザートの今ひとつでした。

ビュッフェの店にリピートする理由としては結局品数と鮮度だと思ってます。
味はそこそこでも次に期待できる印象が残らないと×。
ランチに人気があるのはやはり価格からのお得感と支持層が女性グループであることが理由。

郊外の場合、上手く昼と夜を差別化させないと平日は昼の集客ばかりで
客単価があがらない現象がでます。イタリアンがその傾向で駄目になるケースが多いです。

今回行った店も夜の集客のために店頭や待合室にディナー限定のメニューを強く告知されていました。

今の「ひな野」には時勢にあったコンセプトモデルであることを感じとれます。
※急激にFC加盟店を増やしつつ全国展開している最中の模様。