読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

キャナリーロー(大阪:鶴見)

イタリアの田舎にある家をイメージした可愛い外観。
ピーターラビットの世界感を表現したような緑に囲まれた店でした。

HPを見るとかなりの店舗数があります。
系列のルイジアナママ・オリーブキッチンは以前食事に
行ったことはありますがキャナリーローは初めてでした。

この系列は全て女性ターゲット。
カップルのデートや若い家族連れが多いです。


↓ 玄関  森の一軒家風

↓ 看板

↓ 店内はオープンキッチンで閉鎖感の無い明かく暖かい空間演出。

このお店のメインはパスタとピザ。
オーダーの際にこの店のシステムを
レクチャーしてくれますが
メインを頼むと前菜とケーキとドリンクが
食べ飲み放題です。
メニュー版にあるパスタやピザの価格は商品によって様々で
その価格に食べ放題各種が含まれます。

先日行ったステーキけんはステーキかハンバーグのメインを頼むと
サラダバー、フルーツバー、カレー、スープ、ライスが食べ放題なので
メイン商品や店舗の雰囲気こそ違いますが
システムは同じ様な郊外店です。


↓ 前菜バーのアーカイブ







一品一品良く出来た料理で美味い。
種類も多くサラダ類もここで取るのでメニューには単品ではありません。


↓ドリンクバー

ファミレス系のドリンクバーとは一味違います。
特に数種類用意されたドリンクスターがスマートでセンスが良く、
ターゲットの女性向け健康指向の野菜ジュースがやはり数種類用意されてました。
※炭酸系無し。

家族連れが多かったこともありオレンジとアップルなど
フルーツ系のジュースがよくでてました。

前菜バーが意外と良かったので今回メインの印象が薄いのが
本音です。 でもしっかりした商品でした

以下メインのパスタとピザ

ボンゴレ

ジェノバ

↓生ハムピザ

↓ ケーキはショーケースに入ってました。

タルト数種、シフォンケーキ、ガトーショコラが目につきましたが
ショーケースには生クリームも置いてあり気がきいてます。

味はさすが女性を相手にしている店だけにどれも美味しく、
また数種類食べれるようにケーキのカットは小さくされてました。

あとアイスクリームもありました。

価格の方ですがメインのパスタ・ピザが1300円位〜2000円前半。

↓ピザメニュー参考 ※一品選んで注文。

このメインを一品頼むと上記で説明してきた
前菜バー、ケーキ、ドリンクが食べ飲み放題です。

メインの価格を見ている限り家族連れには出費が厳しいと思っていましたが
お子様向けに以下のメニューが用意されていました。

家族で来ても親がパスタ、ピザ2品頼んで子供とシェアする。
前菜〜ケーキまで食べ放題なので量が足りないということにはなりません。