読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

イタリアンビュッフェレストラン LORO Manma(ロロマンマ)大阪:梅田 HEPナビオ

阪急梅田駅の近くにある阪急のビル「HEPナビオ」は、
2年ほど前に7階〜8階にある映画館(TOHOシネマズ梅田)を除いて、
全階が改装→でリニューアル後はなんと地下1階〜地上5階まで全部が
「阪急百貨店メンズ館」になったまるごと男の館です。

それ以前は映画館で有名であり婦人服系統の店が細々と入ってたような気がしてます。
※屋上に観覧車があるのは、隣のHEPファイブです。


TOHOシネマズ(7階〜8階)は健在でレストラン街は6階にあります。
今回はその6階の LORO Manma(ロロマンマ)に訪れました。
プログで見ていると女性に人気のあるイタリアンビュッフェレストランです。

↓店


↓店頭ポスター



価格は
ランチ(90分)  大人1580円 小学生以下1380円
ディナー(120分)大人2100円 小学生以下1900円
※3歳までは両時間帯とも無料

完全食べ放題なので「菜園ビュッフェ」に近いシステムですが
菜園ビュッフェはパスタ・ピザのみ注文形式の食べ放題だったことと
ケーキは別料金(300円で3種選択)でしたのでそこは異なります。

ネットで過去の情報を調べてみると以前は「キャナリーロー」と同じシステムで
メイン一種選択 + 前菜・デザート・ドリンクのビュッフェスタイルだったようです。
※2年前の情報ですのでナビオのリニューアルとともにスタイルを変えたのでしょう。

その当時の価格はメイン商品選択次第で価格が変わっていくシステム。
90分制というメニューで¥1580〜¥1880。
※小学生以下の料金は大人料金からマイナス¥200。


↓バイキングのアーカイブ




テナントなので道いく人がよく見えるようにガラス越しに商品を置いてあります。



時間が2時を回っていましたので店内は女性ばかりの4割入りでしたが
オードブルやデザートは十分にあって、補充も早め。
「○○ピザが焼きあがりました」「○○のパスタが出来上がりました」と
商品の変更お知らせの頻度はかなり耳にしました。

店頭のポスターのキャッチコピーにある
「食べて綺麗・食べて健康」の通り商品は野菜中心でヘルシー。

食べ応えでいうと乏しいですが一品一品の味は
しっかりしていておいしかったです。

一緒に同席した友人の声としては欲を言えばパスタとピザ位は
注文形式で食べ放題にしてほしいかなということでした。

ただ、先日行った菜園ビュッフェのパスタ・ピザを見た限りでは
味のレベルが下がるなら今のままでもいいと思いました。

女性特有のいろいろと少しずつおいしいものを食べたいという
欲求に応えるにはこのスタイルの方がいいかとも思えます。
※同じフロワーに同じくビュッフェ形式の「柿安三尺三寸箸」があります。

以前のように注文形式にするならキャナリーローのように単価を上げてでも
おいしい商品をだす必要を感じますので今の「完全ビュッフェ形式」にした理由は
メニュー売価を抑えてるためにもこの方向性の方がいいとの判断なのだと考えられます。


個人的には最近立て続けにいったイタリアンビュッフェの中では
単価が高いですが満足感の高かった「キャナリーロー」に一票です。


↓参考に3店の販売スタイルと売価比較

LORO Manma(ロロマンマ)
※完全ビュッフェ制

・ランチ(90分)  大人1580円 小学生以下1380円
・ディナー(120分)大人2100円 小学生以下1900円
・3歳までは両時間帯とも無料

菜園ビュッフェ
※メインのみ注文方式食べ放題+ビュッフェ制(デザート別料金300円)

時間帯関係無しに
・平日  大人:1400円
・土日祝 大人:1600円
・小学生:800円 幼児400円 2歳以下無料

レディースランチ(デザート込) 
・平日  大人:1500円
・土日祝 大人:1700円
※11時〜17時まで制限90分

キャナリーロー
※メイン一種選択 + 前菜・デザート・ドリンクのビュッフェ制

・メインのパスタ・ピザの価格次第で1200円位〜2000円前半。

お子様用に前菜バイキング・デザート・ドリンクのみメニュー
※メインを注文しなくてもいいメニュー。
・小学生  :800円
・小学生未満:500円