読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ):メキシカンファストフード

再上陸の『Taco Bell(タコベル)』日本1号店がオープンしたあとに、今度はオーストラリア発のメキシカンファストフード『Guzman y Gomez』が日本初進出。世界的なメキシカンブームが日本にも押し寄せてきている感じです。


メキシカンファストフード『Guzman y Gomez』→HP
GYGは2006年にオーストラリアで創業、オーストラリアに57店、シンガポールに1店を展開する。
従来のファストフードと異なり、フレッシュな食材とハンドメイドにこだわったメキシカン・プレミアムファストフード。

 

日本発登場はラフォーレ原宿2階GOOD MEAL MARKET内。


注文はこのカウンターで行います。


席はスタンディングとテーブル席のフロアーに分けられており平日の16時台にしては8割埋まっていたのでまずまずではないでしょうか。


メニュー(参考)アーカイブ


ブリトー(人気No1):KFCのツイスターに似てる

トルティーヤの皮はモチモチと優しい食感。野菜・肉・米・豆・チーズなどが入っているのですがまろやかな味で、私が個人的に抱いていた刺激的なメキシカンフードの印象と異なるバランスフードでした。


サラダボウルブリトーの具材をサラダにのせたメニュー


ナチョス:チップスにワカモレ(アボカドディップ)やトマト、コリアンダーパクチー)、タマネギをトッピング


ブリトーボール:野菜・肉・豆・チーズをお米にのせたタコライス


エンチラーダ:この店のスペシャルM ブリトーにワカモノ、サワークリームなどをトッピング。ボリュームたっぷり

 

出店目標は20年間で100店で、今年は都内の丸の内のようなオフィス街に1店を出店。来年には3店を首都圏で出店し、5店を直営店で展開。3年目からはフランチャイズの加盟店の募集を開始し、毎年5店程度のペースで店舗を拡大する予定。オーストラリアでは、フレッシュでヘルシーというイメージから18~35歳の女性が来店客の半分を占めている。日本でも同様に、若い女性客の来店を想定する。

 

日本で成功するブランドの特徴について「現時点では、ハワイ、NY、台湾、シドニー、パリといった都市で行列がある店で、現地で日本人の観光客も並んでいる店に注目している。日本初上陸、行列、表参道がひとつのキーワードだ」という。

 

GYGは、現地ではオフィスワーカーのランチ需要に対応しているため、日本の1号店も当初は六本木などを想定していた。ただ、食のトレンドを見る場合には、原宿の若い女性に受け入れるられるかは、一つの試金石となる。情報発信力からいっても、原宿・表参道エリアは外せない場所だ と語る。

 

「ビルズでは朝食文化、マックスブレナーではチョコレートをカフェで食べる文化を伝えてきた。スープストックトーキョーが出たことで、食べるスープが広まったように、GYGが出たことで、ランチでブリトーが普通になるような情報発信をしたい」

 

 

同じフロアーにはフレンチフライ専門店のAND THE FRIET(アンド ザ フリット)がありました。行列で有名なフレンチフライ専門店ですが、平日の16時台ということもありお客さんはこの状況。

 

メニュー版:いろいろあります。この店の味は2度揚げ(高温と低温)がポイントとのことです。

 

陳列台


注文カウンター