読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

牛かつの「もと村」と「勝牛」


関東での牛かつブームの流れからか、最近になって東京で人気の「もと村」が大阪に出店。また、京都の有名店「勝牛」は東京で数店オープンしてから大阪でも出店ラッシュし始めている。

牛かつの最大の魅力は、とんかつでは再現できないレアさにある。


私の牛かつ視察といえば新橋の「おか田」となる。

walkman.hateblo.jp



牛かつ もと村
▼16時からのウェイティングで約30分以上。常に写真のような行列状態。※席数20程(内カウンター10)


▼メニュー版:肉は加工肉。牛脂入りの記載あり


▼ミナミの繁華街だけにこうしたメニュー版でインバウンド需要が見て取れる。


牛かつ定食(牛かつ130g・麦めし・とろろ)


食べ方として
卓上の岩塩(ピンク)


醤油(好みでわさび)・山葵ソース(上段左から)


ビフカツなのに固形燃料で焼くスタイルは斬新。
メニュー版にはお肉は石でよく焼いてお召しあがりくださいの表記あり。加工肉だけにこの器具が必要となる訳だ。

 


牛かつ専門店 牛勝:40席弱


昨年の12月オープンらしいですが最近オープンしたような打ち出し。千日前ではあるが路地を東に入るので認知度はまだまだという感じ。同じ時間帯でしたがもと村は行列でしたがこちらは閑散。店内は3組ほど、、、


▼店頭インバウンドメニュー(英語・韓国語・中国語)


▼明日3/29に堂島地下街にオープン。これで大阪は4店目。チェーン化が急ピッチに進んでいるようです。



16店舗:2016年3月時点
■京都:先斗町(本店)・京都駅前・清水寺
■東京:新宿西口・池袋東口・小川町・ヨドバシAkiba(秋葉原)・竹橋パレスサイドビル・新大久保・渋谷道玄坂
■神奈川:ヨドバシYOKOHAMA
■愛知:名古屋栄
■大阪:なんば千日前・心斎橋駅前・イオンモール大阪ドームシティ・堂島地下街

 

▼ショーケース:サーロイン・ロースなどを見せている


▼おしながき

 

牛ロースカツ(大:160g)

 

みぞれ牛ロースカツ(並:130g)

***黒毛和牛サーロインカツ(130gのみ)

 

京都勝重


HPより抜粋

コンセプト

・焼肉でもなく、ステーキでもない「牛肉の新たな価値」
・60秒で揚がります

 

一口目から締めの一粒まで。”和風味たっぷり”豊富な楽しみ方を提案
一口目はわさび醤油、二口目からは山椒塩、特製ソース、和風カレーつけ汁と4通りの味わい方を提案。さらにだし醤油の効いたとろとろの半熟玉子「京玉」は、黄身に牛カツをくぐらせても良し、おかわり自由の麦飯にかけて締めるのも良し


食べ方の提案は趣向を凝らしている。山椒塩は美味しいと感じたが、つけカレー・半熟玉子ともに肉の厚みと合わない印象だった。肉自体は「もと村」の加工肉と違い、本格的な素材を使用している。しかし、この2店で比較する限りではトータルでもと村が上だった。そう感じた理由としては商品の温度感。

 

メニュー版アーカイブ:フリーのWiFiスポットとなっている。インバウンド対策としてこれも口コミ人気の一つとなるそうだ。