読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

ちょっと高級な親子丼を食べれる「京のつくね家」 京都(丸太町)

川端丸太町にある「八起庵」という老舗の鶏料理のお店がプロデュースする定食屋さんが「京のつくね家」。
「八起庵」の裏手の路地にあります。京大に近いロケーションです。

親子丼目当てできたのですが「鴨なんば」も名物のようです。いい看板で期待感が・・・

店内は意外にも定食屋さんって感じで表の感じと違い風情は感じなかったですが
気軽に一人でも立ち寄って食べていける雰囲気はあります。

壁のお品書き

安価なものが無い(笑)



親子丼 1360円

京つくね家のHPより抜粋
八瀬大原の養鶏場で育てられた鶏の卵を贅沢に3個も使います。2個は鶏肉とからめてふわっと、1個は生のままとろりと。
鶏肉も硬くならないよう、火を通しすぎないように注意しながら煮込んでいきます。鰹と昆布のだしと卵が絡み合って最高の味になります

確かに上品で美味い。良質の卵がたっぷりでとろ〜り九条ねぎも甘くて美味しかった。
でも1360円の価値を感じられなかった・・・庶民からするとこの価格でこの味は当たり前かと思ってしまった。
あと山椒が京都らしかったのですが好みからするとあと付けでも良かったかな。
注文の際は山椒抜きがよろしいようです。



鴨なんば 1575円

親子丼食べに来たのですがこの「鴨なんば」は美味しかった。
キュキュっとした鴨の歯ごたえと九条ねぎの歯ごたえがよくて濃厚なスープで身体がグッと熱くなります。
寒い時期に美味しい鴨なんばが食べたくなったらおすすめ。



つくねの串焼き(3本) 480円

総合的には親子丼は話にネタ。どちらかというと「鴨なんば」に価値を感じた。
次は八起庵の鴨すきを食べたいと思ってます。あと卵かけごはん!