読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman's diary

光るアイディア探して歩いてます。

手造りハンバーグの店(大阪:箕面)

大阪の北摂本と口コミプログには
まず載ってないことはないくらい北摂では有名なお店。
※場所は新御堂の突き当たりT字路を左すぐ。

マンションの一階で営業していますが
プログなどをみると15年以上前から営業しているようです。

店名は「手造りハンバーグの店」←そのままです。

ランチタイム後に行ったのでお客さんは店内5割。
ウェイティング表に4行位の名前があったので
プログで前情報と同じでやはり満席にはなるようです。

ランチメニューは、ステーキ、ハンバーグ、ビーフシチュー、
ヒレ丼、カレーライスと色々。

でも店内見回すとほとんどの方がハンバーグを食べられてます。

今回はジャンボHBLセット・ビーフシチューLセット・ ヒレ丼Lセットを注文。

提供は意外と早くオーダーしてから10分もしないうち に商品はでてきました。

ジャンボハンバーグランチセットは、ハンバーグ、ご飯、お味
噌汁、白菜のお漬け物。

350gだけあってデカくて丸いハンバーグには
ニンジン、シシトウとシメジが添えられています。

ハンバーグは、和風のソースというよりお汁がたっぷ
りとかけられていて、

やわらかく、ジューシー。そのお汁が、なんとも美味 しく
和風で甘みがあって、あっさりしているけど、しっかりとした味。
おろしを 入れるともっと美味しくなりそうです。

先日いった「とくら」とハンバーグの形状は同じくふっくらまん丸で
食感も軽かったと思います。ただ、肉流感はこちらの方があり肉を
食べた感はありました。

となり席の女性は二人ともハンバーグLセットを食べていました。
女性が好む食感が軽い系のハンバーグという点では
とくらと共通しているでしょう。

ビーフシチューもプログで人気の高いメニューです。

1575円は気軽なランチ価格ではないですが食べると美味しいものを
食べたという満足感はあります。

とろとろのビーフの旨さはたまりません。
今回食べに来た3人の中で一番人気でした。

ヒレ丼ランチセット
この店はメニュー記載の通りテンダーロインを炭火焼で提供しています。
※入口に備長炭使用の店とのプレートがありました。

この丼に使うヒレは炭火焼ではなく
ステーキメニューの端材をうまく使用している
どんぶり商品です。

人気の高い柔らかい食感は納得いく贅沢感がありました。
※関西では柔らかいヒレ=贅沢感です。

この店のいいところはご飯が美味しいこと(少し感動しました)
白菜の漬物や付け合わせの野菜がおいしいこと。

付け合わせのレベルが高いと満足感印UPします。

ガッツリ系だけでなく幅広い年齢層の女性がくる店は
ハンバーグだけでなくサイドの付け合わせがしっかりしていることが
やはり条件に入ると感じます。